【ビタミンE】アトピー体質が積極的に取りたいビタミンはこれ!

アトピーケア商品

アトキンブログのmurakamiです。

今日はアトピー体質の人が積極的に取った方が良いと言われる『ビタミンE』について、紹介したいと思います。

ビタミンEの特性

①強力な抗酸化作用を持っている

抗酸化作用とは、炎症を引き起こす活性酸素・活性脂質などに働きかけ、抑え込んでくれる作用のことです。この抗酸化作用が、ビタミンEには特に強いと言われており、アトピー改善にも効果的であるとされています。

 

②脂溶性ビタミンである

ビタミンには「水溶性」と「脂溶性」の2種類があります。

「水溶性ビタミン」とは、水に溶けるビタミンのことで、代表的なものがビタミンCです。対してビタミンEは「脂溶性」であり、油に溶ける性質があります。この「脂溶性」であることが、アトピーの改善にとっては特に重要なのです。

 

アトピーの炎症は、アラキドン酸などの脂肪酸が活性脂質(脂の酸化)になることで、炎症性サイトカインなどの肌の炎症の元となる物質を体内に放出します。

つまりアトピーを抑制するには、体内の脂が酸化するのを防ぐ必要があるのですが、ビタミンEは、この活性脂質(脂の酸化)を予防する働きが特に強いとされています。

 

 

 

ビタミンEの「種類」

ビタミンEには「合成型ビタミンE」「天然型ビタミンE」と言われる分類があります。

そして「天然型」の中にも、3種類「アルファ」「ガンマ」「デルタ」の種類が存在します。

 

そのビタミンEのいくつもの種類の中で、アトピー体質が摂取すべきビタミンEは、ずばりこちらです。

 

天然型で、アルファ型の、ビタミンE

「d-α-トコフェロール(酢酸αトコフェロール)」

 

ちなみに頭の「d」が、「天然型」を意味します。

「合成型」は「dl-」と表記されます。

合成型は、天然型に比べてその効果が2/3程度に落ちてしまいますので、天然型を選びましょう。そして、天然型の3種類の中で、もっとも抗酸化作用が強いのが「α型」なのです。

 

 

ビタミンE 一日の摂取量は?

1日、300mg程度の摂取が良いとされています。

ちなみに厚生労働省が発表しているビタミンEの日本人の推奨摂取量(1日)は、15mgです。

そう聞くと300mgは多過ぎるように感じますが、ビタミンEの成人男性の一日耐用上限量は「750mg~800mg」ですので、過剰摂取にはならない量であると言えます。

ただし、ビタミンEの過剰摂取のリスクとして「骨量を減らす」というものが近年、注目されています。くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。

 

ビタミンEはサプリメントで摂取

1日300mgものビタミンEを食事から摂取することはかなり難しいですので、是非サプリメントから取り込みましょう。 

ちなみに僕が飲んでいるビタミンEサプリメントは、こちらです。

 1粒で300mgのビタミンEが摂取でき、価格も90日分で1,000円弱!

一日11円とコスパ良し!!です(*’▽’)

 

まとめ

アトピーの原因は本当に千差万別、人それぞれです。

興味のある方はぜひ、たった1,000円ですので、90日間ビタミンEを摂取してみてはいかがでしょうか?

今日の記事が皆さんにとって効果的であることを願っています(^O^)/

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました