アトピー改善のためにエアコン内部のカビを抑制する方法

アトピーケア商品

アトキンブログのmurakamiです。

アトピー性皮膚炎の方は特に、梅雨時期、秋雨時期が過ぎると『エアコンの中』を覗いてみることをオススメします。

こちら、秋雨を過ぎた頃の我が家のエアコンの中です。
奥に見える大量の点々が『カビ』です。
エアコンの風が出てくる場所にこれだけのカビが付いているので、もはやエアコンではなく『カビ散布マシーン』になってしまっています。

今回は、アトピー歴30年以上の僕がオススメする『エアコン掃除方法』と、エアコン掃除後の『エアコンのカビ抑制方法』をご紹介したいと思います。

この記事を読んで分かること

①アトピー性皮膚炎の方にオススメのエアコン掃除方法

②エアコン掃除後のオススメのカビ抑制方法

アトピー性皮膚炎の方にオススメのエアコン掃除方法

家のエアコンの中を覗いて、この写真みたいに大量のカビを発見した場合、エアコン内部では更に大量のカビが繁殖している可能性が高いと思います。

アトピー性皮膚炎の方にとって、カビは絶対に極力排除した方がいい存在です。
僕のように血液検査でカビにアレルギー反応が出ているアトピー持ちの方は特に、年中使用するエアコンのカビは発見次第、できるだけ早く排除した方がいいでしょう。

エアコンの掃除方法でまず思いつくのが、ドラッグストアなどで販売している『エアコン掃除スプレー』でしょうか。
エアコン掃除スプレーだと、コストがかなり安く、買ってすぐに掃除できるため、お手軽さはダントツだと思います。
こちらの商品だと、600円程度で掃除できますね。

 

ただ、エアコン掃除スプレーを使ってのエアコン掃除は、個人的にはあまりオススメしません。
実際に僕も過去に自分で掃除をしたことがありますが、やはり『素人』が『簡易的な道具(掃除スプレー)』でエアコン掃除をしても、内部のカビを隅々まで綺麗に除去するのは難しいと感じました。

では今はどうやってエアコン掃除をしているのか。

自分は必ず『専門業者さん』に掃除をお願いしています。

先月の10月、先ほどの写真のカビを専門業者さんに掃除していただきました。


すごい色ですね!(;’∀’)

専用の道具を使わずに自分で掃除したら、ここまでゴッソリ綺麗にするのは不可能だと思います。
やはり専門業者さんに掃除してもらうと、その後は安心してエアコンを使うことが出来ます。

ちなみに今回のお値段は、6,000円(+駐車場代)でした。
作業時間は1時間弱で、ここまでしっかり綺麗にしてくれるなら、かなり安いと思います。

今回依頼した業者さんを検索したサイトはこちらです。

ここのサイトで検索した最安値が6,000円でした。その最安値の業者さんに今回はお願いしましたが、とても表情が明るく、言葉遣いや作業も丁寧で、本当に大満足のサービスを提供して頂きました。

横で作業を見ていた嫁も、このサービスで6,000円て安くない?と驚いていました。

皆さんも是非、利用してみてください。

エアコン掃除後のオススメのカビ抑制方法

専門業者さんにエアコンを掃除してもらっても、これまで通り普通にエアコンを使用していると、また数か月後には内部にカビが大量繁殖してしまう可能性が高いです。

そこでオススメの商品がこちらです。

 

この商品をエアコン上部の空気を取り込む入口に貼りつけておくだけで、【バイオのチカラ】でカビや悪臭の原因となる物質を抑えてくれる『防カビ剤』です。

Amazonの口コミもおおむね効果があったとの評価になっています。
また僕自身、この商品を貼り付け始めてからカビの発生量が格段に落ちたと感じています。

900円で3カ月使用可能なので、ひと月300円程度ですね。
このくらいの出費でアトピー性皮膚炎の要因のカビを抑制できるなら、かなり安いと思います。

まとめ

僕自身、部屋の中のカビ対策をしっかりやるようになってから、アトピー性皮膚炎の症状がかなり改善ました。

血液検査でカビにアレルギー反応が出ていたので、やはり原因物質を排除することがアトピー改善につながるのだと実感しました。

皆さんも、もしこれまでエアコン掃除が盲点だったのなら、今回ご紹介した方法でエアコン掃除を実践して、ぜひお部屋環境を綺麗にしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました