【実体験】大人のアトピー性皮膚炎を抑制した体質改善方法を紹介します

アトピー考察

成人型アトピー性皮膚炎を治すためには体質改善が必要なの? 体質改善って具体的にどんなことをすればいいの? オススメの体質改善方法があれば教えて。

こういった疑問に答えます。

ムラスエ
ムラスエ

ちなみに当記事では「体質改善」=「体の内側の調子を整える」という意味で捉えています。

ムラスエ
この記事を書いた人

【当サイトについて】
アトピー性皮膚炎の改善と、筋トレでバルクアップを目指す人のための情報発信ブログです。

【自己紹介】
アトピー性皮膚炎に幼少期から30年以上悩まされ「何をやっても良くならない」状況を本当に長いあいだ経験してきましたが、試行錯誤の上、ようやく改善に至っています。医療脱毛も始めました。

フォローはこちら

僕が大人アトピーを抑制した体質改善方法はこの3つ

「体質改善」=「体の内側の調子を整える」という意味において、僕がアトピー性皮膚炎を抑制するために常に意識している対策は以下の3つになります。

1.自分にとって「排除すべき」食材を見つける

当然ですが、人の体(細胞)は毎日、口にしている食べ物・飲み物の栄養素から構成されています。

ですので、体質の改善をはかりたいと考えるのであれば、まずは体を構成する材料となる日々の食事の「食材」を意識的に選別することが重要です。

特にアトピー性皮膚炎を持っている人は【アレルギー体質】であるため、口にするとアレルギー反応を起こしてしまう食材がいくつかあるはずです。

ムラスエ
ムラスエ

【アレルギー体質】の人こそ、毎日の食材選びを意識的に行うことで体質の改善が劇的に起こる可能性があります。

その上で、僕が食事においてもっとも意識している事がこちらです。

①アレルギー反応を起こす食材は体内の調子を悪くするので排除する

以下のポイントは、僕が今まで長い間アトピー性皮膚炎と向き合ってきて気付いた、改善のための「重要なポイント」です。

自分の体に良いものを積極的に摂り入れる対策より、自分の体に悪いものを積極的に排除する対策の方が、圧倒的に体調が良くなる
ムラスエ
ムラスエ

僕は過去、アトピー性皮膚炎を治そうと費やした時間全体の7~8割を「自分のアトピーは何か栄養が足りないから発症しているんだ」と思い込んでいました。そして症状が改善する食材やサプリメントを探すことばかりに囚われていました。

しかし、それは間違った対策でした。

逆に体に既に充足している栄養素を余計に体内に取り込み続けたことで体が不調をきたし、その上、アレルゲン物質も排除せずに取り込み続けていたため、結果アトピーの改善が遠のいていました。

僕が【アレルギー血液検査】で調べたアレルギー物質と、それ以外に血液検査では反応しなかったけど食べると何となく調子が悪い食材など、いま現在、意識的に排除しているものがこちらです。

いま僕が意識的に排除している食材

・ごま、ごま油

・卵(生~半熟)

・納豆

・モツ(脂身の多い内臓)

・牛乳、ヨーグルト

・こってり系ラーメン(家系、天下一品)

・お酒(飲酒)

・ビタミン類が多めに入ったお菓子、エナジードリンク

このような、自分にとって「排除した方が調子が良い食材」を見つけるために僕が行った【習慣】があります。

数か月間、一日三食をシンプルな和食にしたうえで、アレルギーが気になる食材をたまに食べて2日以内の体調の良し悪しを観察する。
「食べたもの」と「アトピーの症状」を日記に記録していく。

毎日違った多種多様なメニューを食べていると、結局なにが「悪化の原因となる食材」なのか判別が困難です。まずは基本となる食事をシンプルなものにして、少しずつ気になる食材を食べて様子を見るのが最短ルートです。

また、毎日食べたものと、その日の症状を日記に付けておくのも、答えを早く見つけるためにはオススメの習慣です。

②合わない食材を排除した後に、自分に合う食材を摂り入れる

前節①の対策を行っていると、自分に合わない食材が判明してくると同時に、自分に合う食材も何となく分かってくると思います。

ムラスエ
ムラスエ

「これを食べた日の翌日は、なんか肌がスベスベだなあ」「あれを食べた翌日は排便の調子が良い感じになるなあ」というように感じる食材があると思います。

僕にとって体の調子が良くなる食材

・りんご

・にんじんジュース

・海藻類(めかぶ、ひじき、わかめ)

そういう食材は自分の体に合っているので、まずは「調子が悪くなる食材を排除」したその後に積極的に摂り入れるようにしましょう。

2.適切な睡眠時間を確保する

ムラスエ
ムラスエ

もし毎日の睡眠時間が自分の感覚として「足りてないかも」と感じる方は、できるだけ、自分にとって適切な睡眠時間を確保できる日を増やすべきです。

体質改善において「睡眠」はかなり重要だと思います。

僕の場合、7~8時間以上寝られれば平準な体調なのですが、「6時間を切る」と以下のような感じになります。

・明らかに体がダルい
・内臓の調子が微妙に気持ち悪い
・肌の痒みが普段より起こりやすい
・花粉に過敏になる

僕は友人と仕事終わりに会食する機会を減らしてでも毎日の睡眠時間を確保するようにしてから、アトピーの症状がかなり楽になったと感じます。

「寝たいけど仕事が忙しくて寝る時間が確保できない」という方もできるだけ、日常の作業を取捨選択したり、寝る前のスマホいじりを我慢したり、出費してでも家電を買って家事を効率化したりしながら、1分でも多く寝る時間を確保する工夫をしてみてください。

3.適度な運動をする、日光を浴びる

ムラスエ
ムラスエ

人の体は進化過程で、日中にある程度以上の活動をした方が自然なようにできているはずなので、運動不足を感じている人は歩くだけでも始めた方が良いです。

「体をあまり動かさない」というのは人体の構造上、かなり不自然な行動だと思います。

普段、まったく運動らしいことはしていないという方は、ウォーキングなら最低20分以上からでも始めた方が良いです。

もう一つ「日光を浴びる」というのは、僕は20代の頃に7年ほどコンビニの夜勤を仕事にしており、その間は完全に昼夜逆転の生活を送っていましたが、昼間に働く仕事に変えてから明らかに睡眠の質が上がった、という経験からです。

・毎日しっかり寝る
・夜に寝て、昼間に活動する
・毎日、適度に体を動かす
ムラスエ
ムラスエ

つまり皆さんも何度も聞いたことがあるようなこういう生活習慣を徹底することが「人の体にとっては一番自然で調子が良くなる行動なのだ」とアトピーが改善した今、僕自身も感じます。

個人的に失敗だった体質改善方法

ムラスエ
ムラスエ

せっかくなので僕が実践して失敗だと感じた体質改善方法も紹介します。

1.サプリメントの摂取

先にも書きましたが、僕は過去、アトピー性皮膚炎を治そうと費やした時間全体の7~8割を「自分のアトピーは何か栄養が足りないから発症しているんだ」と思い込んでいました。そして症状が改善する食材やサプリメントを探すことばかりに囚われていました。

しかし結果、サプリメントの摂取はアトピー性皮膚炎の改善を遅らせることに繋がってしまいました。

詳細は↓こちらの記事に書いてありますので、ぜひ覗いてみてください。

2.水素吸引

アトピー性皮膚炎の原因のひとつに「活性酸素説」があります。体内に増えた【活性酸素】が原因でアレルギー体質になってしまう、というものです。

この【活性酸素】を除去するものとして推奨されている成分が【水素】です。

最近のジムには「水素水サーバー」が結構設置されていて、だんだんと身近な存在になってきましたが、要はこの水素を体内に取り込むことで活性酸素が除去される、という仕組みです。

そしてこの水素を体内に取り込む際に、水素を水に溶かした「水素水」を飲むよりも「水素サーバー」から発生させた水素を吸引した方が何倍も効果がある、との理由から、「水素サーバー」という結構高額な製品が巷で流通しています。(1台10万円~40万円くらい)

ムラスエ
ムラスエ

この「水素サーバー」、僕も試しましたが半年使ってもまったく何の効果も感じませんでした。「失敗だった」と書いた理由は、出費が高額だったからです。

【その他】ネット上で散見される体質改善方法

ムラスエ
ムラスエ

今回僕が紹介した体質改善方法の他に、ネット上で良く見かける「アトピー性皮膚炎が改善した」と言われる体質改善方法がありますので、最後に少し紹介したいと思います。
※僕自身は実践したことは無いです。

鼻呼吸を意識する

口呼吸がクセ付いている人は、空気中の細菌をダイレクトに体内に取り込んでしまっている。人にとって自然な呼吸法である「鼻呼吸」に戻すことで、鼻毛や鼻の粘膜が空気中の細菌をフィルターのように除去してくれるので、アレルギー体質が改善するという説。

ストレッチで姿勢(血流)を良くする

全身の血行不良がアレルギー体質の原因になっている人もいる。体をストレッチや整体でほぐして整えることで血の巡りが良くなり、アレルギー体質が改善するという説。

歯周病を治療する(親知らずを抜く)

歯周病菌がアレルギー体質の原因であるとされ、歯周病を治療し、毎日の口内環境を清潔に保つことで症状が改善されるという説。

銀歯をセラミックに変える

虫歯治療で安価な詰め物である「銀歯」がアレルギーを引き起こしてしまっているという説。1か所4~5万円はかかるが、詰めた銀歯を外してセラミックなどアレルギー反応の起こらない素材に替えることで症状が改善した人がいる。

まとめ

アトピー性皮膚炎が本当に厄介な病気だと思う理由は、その原因が人それぞれ千差万別だからです。

誰か一人に有効な対策があっても、それが他の人にそのまま有効に働くとは限りません。

結局は、自分の体質に合った改善法を模索して見つけ出すしかないのかもしれません。

ムラスエ
ムラスエ

ただし、自分に合うか合わないか分からない対策も、実際に試してみなければ結果は分かりません。なので、僕なりに有効だと感じた対策をこれからも当ブログで発信していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました