【水素サーバー】水素吸引機はアトピー性皮膚炎の改善効果があるのか検証しました

アトピー考察

アトキンブログのmurakamiです。

アトピー歴は30年以上になります。

今回は『水素サーバーによる水素吸引はアトピー性皮膚炎の改善に効果があるのか』実際に半年間、毎日、水素吸引を行った自分の検証結果を紹介します。

この記事を読んで分かること
  1. アトピー性皮膚炎の原因のひとつに【活性酸素】があり、水素吸引には【活性酸素除去効果】があるので、水素吸引はアトピー性皮膚炎の改善に効果がある、とされている。
  2. 僕自身は、【水素吸引】によるアトピー性皮膚炎の改善効果はまったく感じられなかった。
  3. ただし【水素吸引機】は実際には多くの病院で導入されており、医療上の有用性が認められている。また「水素吸引でアトピー性皮膚炎が軽減した」といったレビューもネット上に散見されるので、人によっては効果的な可能性がある。

【水素吸引】がアトピー性皮膚炎改善に効果があるとされる理由

水素吸引がアトピー性皮膚炎の改善に効果があるとされる理由のキーワードが【活性酸素】です。

水素には、体内の様々な不調を引き起こす原因ともいわれている【活性酸素】を除去する力があるとされています。

2007年、太田成男・日本医大教授(細胞生物学)らは、水素含有ガスが体に最も有害な活性酸素であるヒドロキシラジカルを効率よく除去し、脳虚血後の障害を軽減できることを報告しました(Nature Medicine 13: 688-94, 2007)

【活性酸素】がアトピー性皮膚炎の原因と考えられる理由に関しては、こちらの記事にまとめてありますので是非読んでみてください。

この記事内で紹介している最悪の活性酸素【ヒドロキシラジカル】を、水素は除去することができると研究で明らかにされました。


※ヒドロキシラジカル+H2(水素)=H2O(水)になるとあります。

アトピー性皮膚炎を引き起こす要因は人それぞれ千差万別ですが、【活性酸素】が悪化の原因となっている人もいる可能性があります。

もし体内の【活性酸素】がアトピー性皮膚炎の悪化の原因である場合は、水素吸引療法が改善効果を示すかもしれません。

僕自身は水素吸引でアトピー性皮膚炎が改善することはありませんでした

上のようなエビデンスを見て、もしかしたら僕自身のアトピー性皮膚炎にも効果があるかもしれないと思い、昨年(2021年)実際に水素サーバーを取り寄せて効果を検証しました。

murakami
murakami

結論を先に書きますと、僕自身にはまったく効果はありませんでした。。

実際に僕が水素サーバーを使用した期間は6か月です。

半年間、毎日2~3時間、就寝前のブログを書いている時間やテレビを見ている時間などに、鼻にチューブをさして水素吸引をしていました。

ちなみに僕が利用した水素サーバーは月額レンタル品でした。

水素サーバーは安いものだと10万円以下で買えるものもあるにはありますが、だいたい20万円前後はする高額な製品です。

本当にアトピー性皮膚炎の改善に効果的な確証があるなら20万円なんてすぐにでも出しますが、効果不明な製品に支払うには躊躇する額だったので、月額レンタルで利用できる水素サーバーを契約して使用しました。

(結局、月額約5,000円×6か月=30,000円は検証費用として掛かりましたが…)

毎日欠かさず、就寝前の2~3時間の水素吸引を半年続けましたが、アトピー性皮膚炎が改善することは少しもありませんでした。

murakami
murakami

それどころか、寝覚めが良くなったとか、身体が軽くなったとか、肌荒れが改善したとか、そういった微かな効果さえまったく感じることはありませんでした。

水素吸引機自体は多くの病院・クリニックに導入され医療活用されている

しかし、水素吸引機自体は今現在、多くの病院やクリニックに導入されており、【水素ガス吸入療法】として医療活用されています。

たとえば慶應義塾大学病院など20病院(令和3年3月1日時点)で【水素ガス吸入療法】を受けることができます。

この【水素ガス吸入療法】は、厚生労働省が2016年に先進医療Bに追加しました。

先進医療とは、将来的に健康保険が使える医療になる可能性のある療法のことです。

まだ科学的な根拠が少ないため保険の対象にはできませんが、全額自己負担で保険対象の医療と一緒に「混合診療」を受けることができます。

先進医療AとBの違いについては、簡潔に書きますと、Aの方が科学的根拠が揃っており、Bはまだまだ根拠が少ない状況のものです。ただし今後はさらに研究が進み、正式に保険の対象となる医療となる可能性があります。

まとめ

【水素吸引】は、アトピー性皮膚炎の原因が【活性酸素】にある人なら、効果的な療法になる可能性があるかもしれません。

個人的には、毎日2~3時間の吸引を半年間欠かさず続けてみましたが、結果は『効果なし』ということになりました。

アトピー性皮膚炎の原因は人それぞれですので、「結局は皆さんが自分で試してみないと本当の答えは分からない」というのが結論ですが、今回の記事を一意見として良かったら参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました